親族間売買

2017.03.11

親族から親族へ不動産売買したいというお客様が多数いらっしゃいます。

親族間ですので、一番安心できる売買となります。

親から子供へ不動産をあげたいという方がいます。

実際は、意外と子供がその不動産をほしくない場合もあります。

一番多いのは、簡単に登記だけ子供に変更すればよいと

思っていらっしゃる方もいます。

これは贈与となり、贈与税がかかります。

 

また、親族間との売買は、住宅購入だからと

住宅ローンが簡単に使えそうと思いがちですが、

金融機関の住宅ローンの規定外であることが多く、

資金を集めることに苦労します。

 

また、親族なので安く売ってあげたいという気持ちから、

金額が安すぎて、贈与税がかかる場合も多々あります。

 

親族間売買には不動産の金額や融資、資金計画が重要となります。

お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ
ログイン 新規会員登録